→ メニュー
<冬の昼>

冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込んでいます。
暖房しながら換気ができるという点も、冬の働きの大きな特徴です。

OMソーラー冬のしくみ図

<夏の昼>

夏のOMソーラーは、屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。

OMソーラー夏のしくみ図

<春~秋の昼>
OMソーラーお湯採りのしくみ図
春から秋にかけて、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。「お湯採り」とは、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルの中を循環する不凍液を温め、温まった不凍液を貯湯槽へ循環させて水を温めるしくみです。お湯採りに使って余った熱は、排気ダクトを通り、排気口から外へ出します。屋根面の下を強制排気すると、排熱された量に比例して、室内に入りこむ日射熱を減らすことができます。お湯採りは、地域によって差がありますが、春から秋にかけて30~50℃のお湯が1日約300リットルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。
<夏の夜>
OMソーラー夏夜のしくみ図
夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。この放射冷却を利用して、少しでも温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は、「冷房」とまではいかないものの、自然を活かした工夫です。
<太陽光発電も一緒に>

同じ屋根でOMソーラーと太陽光発電が一緒に出来るシステムが登場しました。
「エコスカイルーフ」
エコスカイルーフのしくみ図

さらにくわしく知りたい方は以下のページへ

OMソーラー株式会社のバナー   エコスカイルーフのバナー