勇の家づくり/大切にしていること

居心地がよく、ながく暮らせる家をつくりたい。
素材の選定から設計、施工まで、工程一つ一つを大切にしています。

  • 素材

  • 高知県産の天然木材

    木の成育にとって気候条件の良い高知県の木材は、昔から質が高いことで知られています。
    ながく暮らせる家をつくるためには、この良質な木が欠かせません。
    自ら調湿作用を持つ天然木材は、高温多湿な高知の気候と風土に合っています。

  • 地場の自然素材

    漆喰、和紙、土壁。土佐で育まれた建築素材は、もともとは草や土など自然から生まれたものです。
    自然ならではの風合いを持つ素材を、職人の手仕事で一つ一つ施工していくことで、人の温かみと自然の豊かさが感じられるようになります。

  • リサイクル材

    改築や改修だけでなく、ご希望によって、新築にも古材を使うことができます。
    木材は古びることによってしか醸し出せない味わいと、乾燥が進むことで強度が増す特徴があります。
    なにより私たちは、何世代に渡り大事に受け継いでいけるリサイクル材を大切にしていきたいと考えています。

  • ビオソーラー

    ビオソーラーは「熱発電」ではなく、「熱利用」をしたソーラーです。
    冬は屋根に降り注ぐ太陽熱で暖めた新鮮な外気を暖房と換気に用い、夏は冷涼な空気を住まいに取り込み、寝苦しくない夜を与えてくれます。
    自然エネルギーを活用することで、人にも環境にもやさしい住まいとなります。

  • 設計

  • 設計者の選定

    ながく住まえる家づくりには、耐久性だけではなく、未来のことを考えた設計が欠かせません。
    私たちはお客さまのお話をじっくりお聞きし、その想いに応えるため、自社設計だけでなく、時には勇工務店のネットワークから建築設計事務所を紹介しています。

  • メンテナンスしやすい住まい

    私たちはメンテナンスのしやすい家づくりを心がけています。
    住まいをながく保たせる一番の秘訣は「お掃除」です。
    家も人間の体と同じで、日々の清掃が劣化の予防につながるだけでなく、痛んでいるところを早めに発見できるのです。

  • 施工

  • 職人の技

    木材は一本一本にクセがあるため、高い質の家をつくるには、それを見抜く職人の眼が欠かせません。
    この個性豊かな木材を、機械だけに任せず、自分たちの手で丹念に加工していきます。
    職人が選定し、刻み、適材適所に使うことで、百年以上住まえる家ができるのです。

  • ご近隣への配慮

    ご近所との関係は、着工の段階から始まっています。
    工事中はもちろんですが、入居してからお隣さんと良い関係でスタートできるように、着工前の挨拶から、竣工までの工事車両の往来や音の問題まで、ご近隣への配慮を大切にしています。

  • アフターサービス

    二年、十年点検はもちろんですが、竣工一年目には建具の確認を行っています。
    特に天然木はどうしても「くるい」が生じる場合がありますので、くまなくチェックし、異常があれば修復します。
    もちろん、その他の不具合があった場合も、迅速に対応するように心がけています。